シリウス

シリウスを眺めてた。


瞬いてる。



もう寒い空気。


ベランダから望める南天に斜めに懸かるオリオンを見つめながら、

冬の気配を垣間見る思いだ。


星の輝きは精彩を放つ季節だけど

凍り付く空気は馴染めない。


鬱陶しく湿気と共に重くまとわりつく夏のうざったい空気が好きだ。





・・・・・・・と思いを馳せてるのは全然眠くならない。


1回寝ようとしたのだが目が冴えて布団の中で悶々とするより。

星を眺めて洗われる方がいいと思ったからだ。



もう諦めて起きておこうか、

それともチョットでも寝ようか迷うところだが、

もう1回布団に挑戦してみよう。





[PR]
by mas2000boo | 2006-09-25 03:49 | ひとりごと


<< 帰り道 こんな時間に >>