人気ブログランキング |

2006年 09月 29日 ( 1 )

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由

b0032403_2246295.jpg要はフェルミのパラドクスの解を

真剣なのか冗談なのかって感じのノリで

50の解が連ねてある科学的(?)な本だ。


ここまでくだらないことをマジメに書かれると

それなりに思えてくるから不思議だ。




みなさんは宇宙人ってどう思ってます?


私は子供の頃、こう真剣に想像したことがあります。


実は宇宙には高度な文明が存在し、

地球とはその文明圏のど辺境で

当時TVでよくやってた川口探検隊に出てくる非文明人的な存在なんじゃないだろうかと。

宇宙人たちは地球人には気づいてるけど自然保護目的なことから傍観し、

その超文明のチカラによって、

地球人などからは観測できないなんらかのバリアを地球の周りに張ってるんじゃないかと。




子供のばかげた発想だが、

この本には同じような解があった。


動物園シナリオっていうそうだ。


人の発想なんて所詮大差ないのかも・・・きっとコレを唱えた人は偉い学者さんだろうけど。


まぁそれで興味を持って買ってしまったんだけどね。



他にも存在しないって解の中の

・われわれが一番乗り
・木星はめったにない
・銀河は危険なところである
・こんな月はめったにない
・科学は必然ではない

なんかは、他で知っていたが面白い。


とにかくひとつひとつの解は冗談と思えるほどマジメに唱えられており。

逆にそれが面白さを禁じ得ない。

これは空想科学読本に通じる面白さかも知れない。


科学が好きな人も、そうでない人も面白く読めそうな1冊ですよ。





by mas2000boo | 2006-09-29 22:43 | 本の話